2014年07月21日

VOCALOID20140721

早速ですが今回は大福Pのクリップを紹介したいと思います。



アンビエントでミニマルの展開をするその曲調は澄んだ世界で響く悲しみの調べ。
長い尺の中、繰り返しを主体に進んでいくのに飽きさせずに寧ろ惹き込まれていくのが実にマーヴェラス。
posted by SCHON at 00:02| Comment(0) | SONIKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

VOCALOID20140720

こんばんは今回はAdySさんのクリップを紹介したいと思います。



中低音のザラついたシンセベースが前面に出たドラムンベース、結構押しの強い。
サイヴァーでスピーディーな展開、その中で有機的なメロディを残してるのはいいね。
posted by SCHON at 23:12| Comment(0) | SONIKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

VOCALOID20140719

あぁ再開後また負け清水( T T)
気を取り直して今回は(бεб)P。



サウンド的にはサロン〜ボサノヴァの穏やかな雰囲気に少しリズムを強くしたものですが、中はネタ曲ですw
英語訛りの独特の儚さとユルい歌詞とのギャップがやはり最大の持ち味。
posted by SCHON at 21:10| Comment(0) | SONIKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

VOCALOID20140718

こんばんは今回はNIYMORIYさんのクリップを紹介したいと思います。



いつもながらの澄んだエレクトロニカに湧き上がる旋律構成、完成した一つのスタイル。
音色を使いすぎずに多彩な色合いを魅せる構成、ザラついた音でさえ透明感を感じさせるこのセンスは素敵。
posted by SCHON at 23:36| Comment(0) | SONIKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

VOCALOID20140717

こんばんは今回はmatt9fiveさんのクリップを紹介したいと思います。



ザラザラとしたハウスビーツが全般に引っ張っていく中、有機的なメロディの繰り返しが効果的。
機械的なサウンドに人間性をありありと浮かび上がらせる様が実にKool!
posted by SCHON at 23:44| Comment(0) | SONIKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする