2014年08月31日

VOCALOID20140831

こんばんは今回はモールスPのクリップを紹介したいと思います。



日本では何故このような姿に変り果てたのであろうイヴェントに対する、抗議と葛藤のドキュメントである筈、、、。
プリミティヴなMIDI音色中心ながら音使いは独特のものがあり、聞いててしぶとく印象付けるのがいいと思いますww
posted by SCHON at 19:28| Comment(0) | KAITO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

VOCALOID20140830

清水勝ちきれんなぁ( - -)
気を取り直して今回は茶渋屋氏。



深く沈み込む澄んだ音世界でダルシマーが妖しく鳴り響くがそこに過剰なエキゾチズムはない。
不思議で深遠な世界観を紡ぐ必然の響き、そこに何かを見いだせるであろう。
posted by SCHON at 23:52| Comment(0) | KAITO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

VOCALOID20140829

早速ですが今回はチーム"寿商店会"。



1950-60年代のポップ〜R&Bゆかりの軽快ながらノスタルジアな音空間、だがその作りは今時代的に俯瞰で見たもの。
楽しさの中にセンチな味わいを挟むのは王道的とも言えるが陳腐にならないのは見事。
posted by SCHON at 00:22| Comment(0) | 結月ゆかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

VOCALOID20140828

こんばんは今回はMossphloxさんのクリップを紹介したいと思います。



ニューウェイヴ〜オルタナティヴロックを吸収したサウンドでありながらその持ち味はメロディックな爽やかさ。
スカーンとした開放感、無駄なデコレートのないシンプルさと相まってかなりイケる。
posted by SCHON at 21:06| Comment(0) | 結月ゆかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

VOCALOID20140827

こんばんは今回はTriadD Gridさんのクリップを紹介したいと思います。



アメリカンロックを日本的解釈したような明るく突き抜けたサウンドが持ち味。
テーマに沿った手堅い歌詞にマッチ、同時にそれだけで終わらない曲そのものが持つ躍動感もGood!
posted by SCHON at 22:06| Comment(0) | 結月ゆかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする