2014年06月30日

VOCALOID20140630

こんばんは今回はウーロンさんのクリップを紹介したいと思います。



何の迷いのないオーヴァードライヴギターで突っかけるハードブギ。
各パートビーツに対する欲求がストレートかつ強力、この潔い疾走感がグレートやよ。
posted by SCHON at 23:47| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

VOCALOID20140629

早速ですが今回は141hP。



王道かつパワフルなロックビーツ、明るめなハードロックの色合いが強い。
空間系エフェクトを駆使しつつもギターワークはストレート、この咆哮はいいね。
posted by SCHON at 00:45| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

VOCALOID20140628

こんばんは今回はえびまーさんのクリップを紹介したいと思います。



マイナートーンのメロディラインをガッツのあるクランチギターで引っ張るギターロック。
ウェットなコーラスエフェクト、四度を巧みに使ったギターワークとここもいい感じ。
posted by SCHON at 23:01| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

VOCALOID20140627

こんばんは今回はmi2anzさんのクリップを紹介したいと思います。



歌謡ロックを意識して作ったらしいのですが、サウンドフォーマットは当時の欧米ロック&ポップの色濃いもの。
対しメロディラインはウェットな雨色感を投影した歌謡曲的な色合い、このハーモニーはいいね。

2014/07/23追記:

新しく差し替えられた動画は下記になります。


posted by SCHON at 18:16| Comment(7) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

VOCALOID20140626

こんばんは今回はやっぱロドリゲスさんのクリップを紹介したいと思います。



三線?のリフからダウンビート、ジャージーで洗練されているようでアーシーで乾いた感覚。
世捨て人な余裕の空気感を醸し出しながら懐の深さを感じる、そこがいいんやよな。
posted by SCHON at 23:41| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする