2014年03月31日

VOCALOID20140331

こんばんは今回はHi_Cさんのクリップを紹介したいと思います。



直球のロックビーツのようでありながらローズの使い方やギターソロの感じからフュージョンの色合いも強め。
ジャージーなコードも使い柔らかみを出しながら、直情的な肌触りを損なっていないのは好感が持てる。
posted by SCHON at 19:42| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

VOCALOID20140330

こんばんは今回は超金欠Pのクリップを紹介したいと思います。



ラップするフロー、スウートソウルを匂わせる曲調とブラック要素を持ちつつしっかりテクノポップ。
日本人的感覚でまとめ上げたセンチなのに元気が出る曲調がいい。
posted by SCHON at 23:39| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

VOCALOID20140329

こんばんは今回はすぅさんのクリップを紹介したいと思います。



ストレートなパンクロック志向はいつもの流儀、今回は70'sUS色が強めか?
パッとした明るさ、意外にポップにいける曲作りといかすね。
posted by SCHON at 23:30| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

VOCALOID20140328

こんばんは今回はキキさんを紹介したいと思います。



1990年代のオルタナティヴロック〜USインディーロックの流れを汲むサウンド。
静動の緩急、正攻法を匂わせつつ一筋縄で行かないプロダクションがいい感じ。
posted by SCHON at 22:30| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

VOCALOID20140327

こんばんは今回はganganさんのクリップを紹介したいと思います。



プログレッシヴロック視点のユーロトラッド導入をストーリーテラー的に構築。
捉えどころのない妖しい美しさに惹きこまれていく、どこかそんな魔性がある。
posted by SCHON at 23:39| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする