2013年05月31日

VOCALOID20130531

こんばんは本日はモルヒネさんのクリップを紹介したいと思います。



クランチギターによる穏やかなメジャートーン、USインディーロックの良質な継承。
曲フックの盛り上げ方、隠し味程度の飛び道具もナイス。
posted by SCHON at 22:54| Comment(0) | 猫村いろは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

VOCALOID20130530

こんばんは本日はNo nameさんのクリップを紹介したいと思います。



プログレッシヴ・エレクトロビーツ、ローファイな打ち込みの中に欧州現代音楽的な優美な香り。
コンテンポラリーな音使いのリフ、煮え切らないポップなメロディラインとのケミストリーがゾクゾクする。
posted by SCHON at 21:23| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

VOCALOID20130529

こんばんは本日はmegane_pandaさんのクリップを紹介したいと思います。



ポストパンク→ネオアコ→オルタナティヴロック→今ここ的なギターポップ。
内省的な優しさを感じさせるサウンド、核になるギターワークが妙な余裕があり心地いい。
posted by SCHON at 22:37| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

VOCALOID20130528

こんばんは本日はタケダさんのクリップを紹介したいと思います。



繊細かつダイナミック、静けさとパワフルさを同包するUKシューゲイザーの芳香。
空間エフェクトを駆使した切れのあるギターによる掠れた透明感、これは癖になる。
posted by SCHON at 23:29| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

VOCALOID20130527

こんばんは本日は伊井衣さんのクリップを紹介したいと思います。



リビドーによる一撃、当然尺もトラックもシンプル&コンパクト。
前衛とポップが徘徊する中、シンセベースの淡々とした八分刻みがインパクト。
posted by SCHON at 23:18| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする