2012年02月29日

VOCALOID20120229

おはようございます本日はJ CROSS I氏のクリップです。



ストレートなロックビートを基調としながらドラムンベースのファクターを感じさせる、今時代ならではのハイブリッドチューン。
増四度を駆使した音使いが不思議な浮遊感を醸し出し心地いい。
posted by SCHON at 07:55| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

VOCALOID20120228

おはようございます本日はdai9n氏のクリップです。



1960年代の電子オルガンを今日的クラブサウンドでプロダクトしたような印象的なリフを展開しながら、その実強力にロックサウンド。
その手法通りのアナログとディジタルが渦巻く強力なブローが肝。
posted by SCHON at 07:47| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

VOCALOID20120227

おはようございます本日はGonza!氏のクリップです。



明るくポップな曲調のハッピーハードコアですが、調性感がちょっと不思議な感覚。
わかり易さと独自性が上手く溶け込んでいるのがナイス。
posted by SCHON at 07:56| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

VOCALOID20120226

まずは堅調に仕上がっているか清水。
それでは今回プロジェクト"E.L.V.N"を紹介。



オールドスクールな8によるオクターヴベースが突進してくるテクノポップサウンドですが、ロック色は強めか?
同時に今日的プロダクトワークも駆使し、ストレートな曲調を古臭くしてないのが素晴らしい。
posted by SCHON at 23:15| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

VOCALOID20120225

こんばんは本日はsnsnさんのクリップを紹介したいと思います。



1970年代のファンクを吸収したロックサウンドのいなたさが芳香しております。
7thにジミヘンコードを、煙たい匂いで奏でられるのが何とも中毒性高し。
posted by SCHON at 23:13| Comment(0) | GUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする